渋メモ

アインシュタインを敬愛する、知的好奇心がちょっぴり高い、努力嫌いな大学生のブログ

GWC発想法〜絵しりとりからアイデアを〜

GWC発想法は私の考案したアイデア発想法の一種である。GWCとはGraffiti Word Chainの略であり、日本語で絵しりとりという意味だ。

《絵しりとりと普通のしりとりとの違い》

 絵しりとりとは、しりとりを絵で表すものである。普通のしりとりとの違いは前の人の単語の語尾から単語を考えるのではなく、抽象概念化された絵を自分の知識を頼りに理解し、自身の単語をも抽象概念化しなくてはならないところだ。
絵しりとりの本質は抽象概念化されたものを読み解くところにあるのだ。

【アイデア発想法としてのGWC】
古典的なアイデア発想法の一つに単語同士をかけ合わせてアイデアを出すメディチ法というものがあるが、玩具会社の高橋晋平氏はTEDxTokyoでしりとりを生かした発想法を紹介している。新しいアイデアのつくり方 | 高橋 晋平 | TEDxTokyo - YouTube

GWC法はこれらを応用化した発想法である。

何故、連想型発想に普通のしりとりではなく、絵しりとりを使用するのか?普通のしりとりは言語化された単語の連鎖であり、単語同士の掛け合わせでのアイデアが縛られてしまうからだ。絵しりとりだと単語が抽象概念化されたイメージの集合体であるため、アイデアが広がりやすいと考えられる。

f:id:shibu_memo:20170517110351j:image

(2017/5/14 『UNITEC CONSULTING』のメンバーと作成)

例えば上記の絵しりとりで、「地雷」と「トイレ」の掛け合わせならば、地雷を”一定の負荷をかけ、離すと反応する”と概念メタファー化することで、”一定時間座れば、立ち上がった時に水が流れる節水トイレ”というアイデアになる。

また「ジッパー」と「イヤホン」ならば”紐が絡まらないジッパー型イヤホン”というアイデアがメンバーから出た。残念ながらこれらのアイデアは既に商品化されているが、GWC発想法がアイデア発想法として極めて有効なものであることは理解していただけたと思う。

 f:id:shibu_memo:20170517115043j:image

通俗心理学的ではあるが、右脳(クリエイティブ)で絵を理解し、左脳(ロジカル)で単語を考える、脳トレイデア発想法として売り出せば意外とウケるのではないかと考えている。発想法のみならず、グループワークでのアイスブレイクとしても十分効果があるため是非とも読者の皆さんにも試して頂きたい。

 


大学生とラーメン

f:id:shibu_memo:20170525214408j:image

(画像はつけ麺。私はつけ麺が大好物なのだ。)

「大学生活は酒とラーメン」と言っても過言ではないほど、大学生のラーメンを食す頻度は極めて高い。Twitterでラーメンの画像を目にしない日など数えるほどしかない。彼らにとって馴染みの店が数軒あるのが当然であり、ラーメン通の友人に連れてもらう度に私は「こんな所にもラーメン店が!?」と驚くばかりである。一体、日本にラーメン店は何軒あるのだろうか?

フェルミ推定で求めてみることにした。

………………………………………………………

【日本のラーメン店数】

日本人の8割が最低でも年1回はラーメンを店で食べると推定する。日本の人口が1.3億人であり、頻度の割合は月1が人口の2割、半年に一回が6割と推定する(計8割)。月1が2600万人、6ヶ月が7800万人より、一ヶ月にラーメン店を訪れる客数は3900万人(2600万人+1300万人)であり、一日当たりだと125万人(3900万人÷31日)であると推定できる。

さて、一日当たり120万人の需要と供給を一致させるために、ラーメン店一軒当たりの平均供給数(客数)を求める

ラーメン店一軒の座席数を14、回転率を2.5とする。14×2.5=35よりラーメン店一軒あたり一日35人の客数であると推定する。
よって、日本全国のラーメン店の数は125万人÷35人=35714より 約35000軒である。


ちなみに2013年のデータによれば35330軒が正しい数値だそうだ。

………………………………………………………

回転寿司屋など他の外食産業も機会があれば取り組みたいものですね。

 

 

 

広告を非表示にする

大阪市の面積〈フェルミ推定〉

東西線南北線から東京都の面積を求める問題をフェルミ推定本でよく見かけるが、私は東京に行ったことがないため、いまいちピンとこない。そこで、環状線から今住んでいる大阪市の面積をフェルミ推定で求めてみることにした。

 


環状線大阪市の市街地外周部を走っており、なおかつ半周の大阪⇄天王寺間が20分であることは日常生活より明らかであるため、この情報から計算する。 

環状線一周は20分×2=40分であり、電車の速度を時速35kmであると仮定すると、環状線の円周の長さは40分×35km/h=23.5km。

環状線を完全な円と考えると、2πr=23.5kmより円の半径はr=3.75km。

f:id:shibu_memo:20170515162149j:image

上記図より1辺の長さが4rの正方形が大阪市の面積だと考えられる。したがって大阪市の面積は4(3.75km)^2より225km^2。

 

《実際の数値は…》

実際のデータによると、環状線の長さは21.7km、そして大阪市の面積は223km^2であった。

 

改めて見ると円環型路線が大阪市内を広くカバーしていることが一目で分かる。